生搾り青汁 of 日本メディカル電子株式会社

メディカル トップイメージ.jpgメディカル トップイメージ.jpgメディカル トップイメージ2.jpgfree.jpg

mo1.jpgmo1.jpgmo2.jpgmo2.jpgmo3.jpgmo3.jpgmo4.jpgmo4.jpgmo5.jpgmo5.jpgmo6.jpgmo6.jpg

hd4.jpg

  • こだわりの国産素材を「活性保存製法」で生搾りしました。さらっとしてクセがなく、今までにない飲みやすさです。
  • 生搾り青汁はこだわりの大麦若葉エキス麦緑素®をベースに6種類の野菜をブレンドした青汁です。
  • 究極の大麦若葉「赤神力」と新鮮な野菜をギュッと搾り、栄養素や有用成分を生かしながら粉末化しました。
  • 厳選した国産素材で、バランスの良い味に仕上げたちょっと贅沢な青汁です。

生搾り青汁.jpg

内容量
90g(3g×30スティック)
そもそも青汁とは?
ポイントは生であること。
野菜に含まれるビタミン、ミネラルなどの栄養素は加熱したものより、生の状態の方が高いという特性を最大限に生かしたものが青汁なのです。
生だから効く青汁の力
大麦若葉を搾った青汁は、健康にとてもありがたい自然の恵みですが、生の青汁は傷みが早く長期保存できないことが問題でした。
これを解決したのが1969年、萩原義秀医学博士の発明によって誕生した大麦若葉エキス 麦緑素だったのです。
麦緑素は搾汁された大麦若葉の新鮮な青汁を、熱を加えずにスプレードライで粉末化させる「活性保存製法」という独自の製法で生の青汁が手軽に味わえるようになったのです。
極の大麦若葉
「赤神力」を使用
大分県国東半島周辺で農薬を一切使用せず、徹底管理体制のもとで栽培された大麦若葉「赤神力」を原料としています。
稀少価値の高い品種で、その若葉は幅広、肉厚でしっとりと柔らかいのが特徴です。
ビタミン、ミネラルや抗酸化フラボノイド、酵素などもバランスよく含まれています。
お召し上がり方
健康補助食品として、1日2スティックを目安にそのまま又は、お水等でお召し上がりください。
お好みにより、ハチミツや牛乳等を加えてお召し上がりください。
※熱いお湯をご使用になると、一部の酵素等の活性が低下し固まることがあります。
使用上の注意
スティック開封後は、品質保持のため、お早めにお召し上がり下さい。

今こそ、摂りたい野菜の力

aojiru_img02.gif健康的な生活を送るためには、1日350g以上の野菜(健康日本21での1日目標摂取量)を摂取することが理想とされています。しかし、これだけの野菜を毎日食べ続けるのは結構大変なことで、野菜そのものの栄養価が、著しく低下している現代の食生活では、慢性的な野菜不足に陥りやすいのも事実です。

この野菜不足は健康面で様々なトラブルを引き起こす一因となりますが、最近、増加の一途をたどる生活習慣病も、野菜不足が大きく関与しているのではないかと言われています。現代人のほとんどがわかっていながら、なかなか解決できない野菜不足・・・。
こんな時代だからこそ、おすすめしたいのが青汁なのです。

生の緑色野菜をギュッと搾り、青汁にすることで自然の栄養素や抗酸化フラボノイド、クロロフィルなど野菜本来の成分が、私たちのからだの中に効率良く吸収されていきます。今では、大麦若葉やケールの他、明日葉や桑の葉など、様々な青汁が出回っていますが、本当の青汁とは生野菜を搾った汁のこと。

今、バランスの良い栄養素と飲みやすさで人気の青汁素材、大麦若葉にしても素材や製法の違いで、その品質は大きく違ってきます。